包括治療(総合治療)

当院の包括治療(総合的な治療)の考え

口の中を1つの単位とし診療します。

家の柱が折れたら、皆さんはどうしますか?家全体を設計士に診断して貰うのではないでしょうか?
先ずは土地の診査・設計・見積もり・模型での確認・施工期間の決定で、初めて建築となります。
歯科も同様です!

歯がなくなったり、虫歯になるのは原因が存在します。
原因を除去してから治療にうつらないといけません。
対処療法ではなく、原因療法が大切なのです。

10年後も20年後も
健康で調和のとれたお口で過ごしていただくために

当院では虫歯だけ・歯周病だけといった限局した治療をするのではなく、なぜそうなったのかという原因をお口の中全体(噛み合わせや顎関節の運動なども含めて)から考えていき、10年後20年後も健康的で調和のとれた口元で過ごしていただけるよう審美治療・歯周治療・矯正治療・インプラント治療・顎関節治療など様々な治療を組み合わせた包括治療を提案させていただいております。

総合治療(包括治療)について

総合治療(包括治療)とは、歯の1本1本を診るのではなく、お口全体から診る治療です。
例えば、ビルを修復する場合、壊れた部分だけを直しますか、骨組など全体から修復しますか?ということです。
当医院では、歯が一生もつことを考え、全体から口の中を診たいと思っています。

口の中はよくビルのリフォームに例えられます。総合的(包括的)に、全体的に診ながら、良い状態で一生過ごせるよう、歯全体が長持ちするような形で診ていきたいと考えています。
それと、お一人おひとりに見合った材料を選択したいと考えています。

また、無理な治療は行いません。
無理な治療というのは、無理やり治そうとしたために、トラブルを起こす治療です。

そうならない為にも、実績を残した上で、その実績をもとに診療していくのが本当の医療だと思います。

技術、実績の中で、最大限に噛めるように治療を行います。
ただ、場合によっては、できないことは「できない」ときっちり診断させて頂くこともあります。
そうすることが、本当の診断・治療であり患者様にとっての最善であると考えています。

どの歯科医院でも総合的な治療(包括治療)を行う事ができるわけではありません。
勉強会や学会での活動、新しい技術の習得、臨床、論文の発表を通じてはじめて可能になってきます。
インターネットで論文をどれだけ発表しているか、とか、どれだけ本を書いたかを見て頂ければ技術・実績があるかは分かります。

例えばインプラント治療において大切なことは、「200本打った中の何パーセント残っているか」というのを論文に投稿して査読を受けて、いい結果だから論文に載せようとなった結果、論文に載っていますという医院こそ本当の実績を持ち合わせていると言えるでしょう。
時代が進むにつれ、患者さんが歯医者さんをきっちりと選択する時代に入ってきていると感じます。

 
 
  • S.A.D.A. Study Group
  • 大阪SJCD
  • スタッフブログ

ご予約・ご相談は
お気軽に

お口のことでお悩みがございましたら、貞光歯科医院までお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせ下さい 0742-41-7000

tel_bnr.jpg

staff staff blog