HOME > 医院紹介 > 入れ歯

入れ歯

磁石を用いた入れ歯~磁性アタッチメントについて~

磁石を用いた入れ歯~磁性アタッチメントについて~のイメージ

入れ歯は義歯とよび、歯がすべて無い人の入れ歯を総義歯、歯が一部残っている人の入れ歯を部分床義歯と呼びます。

部分床義歯の場合、入れ歯のクラスプ(バネ)を残っている歯にひっかけて使用します。バネの維持力と床の面積により、入れ歯の安定をはかります。
この入れ歯の問題点は、バネの負荷が直接歯にかかってしまうという事にあります。また、前歯にバネがかかっている場合は、口を開けるとバネが前から見える為、審美的な問題が残ります。
そんな時、人によっては磁性アタッチメントというものが利用できます。文字通り、磁石を用いた義歯です。小型で強力な磁石を義歯の内面にはめ込み、口腔内には磁性体を取り付けることにより磁力を利用し、入れ歯を口腔内に保持します。バネが見えることなく審美的ですし、取り外しも簡単です。

また、歯の根の部分に磁性体を取り付けるため、着力点が低くなり、歯に対する負担も軽減できます。
総入れ歯の時は、磁石を埋め込む歯がないことにより、顎の骨の中にインプラントという人工歯根を埋め込み、その上に磁石をもちいて機能させます。よくかめる美しい入れ歯の作製が可能です。
適応性がありますので興味のある方は、一度歯科医師に相談してみて下さい。

一般義歯

最近、入れ歯の不調和を訴えて来院される患者さんが多く来院されます。
何故、入れ歯が合わないのでしょうか?もう一度、一から見直してみましょう!

入れ歯のバネを掛けている歯はしっかりしていますか?粘膜の部分を指で押さえて痛まないですか?上と下の歯の噛み合わせの面は水平になっていますか?これら、一つ一つをきっちりと見つめ直せば、しっかりとした入れ歯に仕上がります。

磁石を使った入れ歯

通常入れ歯には金属でできたバネが付いており、そのバネを歯に引っ掛けることによって固定します。しかし、このようなタイプの入れ歯は問題点としてバネが引っかかっている歯に負担が多くかかってしまいます。また、前歯にバネをかけてしまうと審美的にも問題が残ります。マグネットデンチャーでは歯に金属のキャップをかぶせ、入れ歯に磁石を埋めこむことで固定できるため、歯への負担を軽減でき、審美的かつ取り外しも容易になります。
総入れ歯の場合、キャップをかぶせる歯がないため、インプラントを埋め込みその上にキャップを付けます。
適応性がありますので興味がある方は一度ご相談ください。

義歯作り方

それでは、入れ歯の作製手順を簡単に述べたいと思います。まず既製のトレーで型を採りますが、既製品の為、個人の口腔内の状態とは合っていません。
そこで、その型をもとに個人専用トレー(個人トレー)を作り型を採ります。個人の口腔内に合っているので精密な形を採ることが可能になります。次に、噛み合わせの高さや咬合平面を合わせます。その後、蝋(ロウ)で入れ歯を作り、口腔内へ実際に入れて適合を確認し、鏡で見て頂きます。問題ないようなら完成します。

入れ歯を作る側としては、個人に合ったトレーでより精密な型を採ることが非常に重要となってきます。
他にも噛み合わせの機械につけたり顎の連動を記録するという細かい方法がありますので、歯科医師に一度ご相談下さい。

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。SADAMITSU DENTAL CLINIC 貞光歯科医院 〒631-0014 奈良市学園朝日町2-3 貞光ビル1F 最寄駅:近鉄奈良線 学園前駅 徒歩3分 お電話の際はホームページを見たとお伝えください 0742-41-7000 受付時間 休診日:日曜日・祝日 午前 9:30~13:00 / 午後 15:00~19:30 ※ 土曜日午後は17:30まで